中古ビジネスフォンでコストダウン|リースもお得

ウーマン

多くの機能

男の人

ビジネスフォンの用途について

ビジネスフォンは、主に事業所などで使われる機能性のある電話機のことです。ビジネスフォンの特徴としては、マイクロプロセッサが内蔵された機能ボタンがあることで、これにより事務所内に複数設置されているビジネスフォンに対しての内線利用ができたり、外線発信の切り替えができるというものです。特に複数の人が利用する事業所などで広く使われていますが、ビジネスフォンを導入する方法としてはリースか中古品の購入のどちらかになります。多くの場合にはリースが使われていますが、小規模な事業所では中古品の購入で間に合わせているところも多くあります。また中古ビジネスフォンでも配線のアフターケアまでセットにしているところも多くあるなど、通常のビジネスフォンとして十分に使えることができます。

リースで用意するメリットとデメリット

ビジネスフォンがリースで利用される理由としては、最新機種が利用できるという点です。また購入するわけではないので、月額のリース料を支払うだけで済むケースもありますしリース料金はすべて経費として処理することができ、またリース会社の持ち物なので固定資産税などの支払いが不要です。このほかにもリース会社によってはビジネスフォンに保険をかけているケースもあり、火災や盗難、落雷などで壊れてしまった場合にも保証してくれるケースもあります。一方でリースで用意するデメリットとしては、リース契約では中途解約ができないという点で、解約する場合には多額の違約金が必要になる場合もあります。またトータルでビジネスフォンの価格を見れば、リースは、保険やメンテナンス料金が含まれるので購入するよりも割高という点があります。